読書レビュー

【速読術】フォトリーダーにオススメ!『仕事に活かす!フォトリーディング 主藤孝司』

更新日:

こんにちは、HIROAKIです。

今回も読書レビューしていきたいと思います。今回の書籍は、『ビジネスの効率が一気に加速する 仕事に活かす!フォトリーディング 主藤孝司』  公認インストラクターの主藤さんが書かれた本です。

私は、以前こちらの記事でも書いたようにフォトリーディングを実践しています。(フォトリーディングを実践している人のことをフォトリーダーと言います。)

私の読書スピードを劇的に上げてくれた速読術フォトリーディング『あなたも今までの10倍速く本が読める』

この本は、どちらかと言うとフォトリーダー向けの本でフォトリーディングを学んだことがない人にはちょっと分かり難いかなと思います。しかし、私のようなフォトリーダーにとっては、あっ!そうなんだ!、なるほど〜!! と活用する幅、アイデアが広がったと思います。

特に読後に残った印象としては、フォトリーディングのステップを忠実に守っていた私のとって、結構適当にフォトリーディングのステップをこなしていいんだな〜という印象でした。 今までルールに拘り過ぎて逆に活用の幅を狭めていたなと気づかされました。

フォトリーディングのステップ

フォトリーディングは5つのステップからなります。今まで約1000冊フォトリーディングしてきた感想としては、全てのステップを忠実にしなくても良いみたいです。(最初は全部ちゃんとやってました。)

《ステップ1準備》

1、何の為にこの本を読むのか目的を明確にする
2、集中学習モードに入る(やり方があります)

《ステップ2予習》

1、文章をざっと見渡す
2、目的にそった価値があるかを検討する
3、読むか読まないか決める(この段階でステップ1で決めた目的が達成されなそうな本なら読むこと自体をやめます。)

《ステップ3フォトリーディング》

ここのステップがいわゆる速読っぽい1秒1ページのペースで本をめくっていくステップになります。
1、フォトリーディングの準備(改めて明確な目的を再確認)
2、加速学習モードに入る
3、アファメーションを行う
4、フォトフォーカス状態に入る(目のピントが合っていない少しぼやけた状態)
5、安定した状態でページをめくっていく
6、達成感を感じながら終了のアファメーション

《ステップ4復習》

・予習と同じような要領で本の全体をチェック
・トリガーワードを見つける(20〜30個書き出すことが多いです)
・質問を作る(この本からどんな情報が得たいか具体的な質問を作ります。)

《ステップ5活性化》

活性化、アクティベーションとも言われています。
・生産的休息と言って一旦脳を最低20程度休めます。
・質問を見直す
・スーパーリーディングとディッピング(私はここでほぼ得たい情報は得られます。)
・マインドマップ(昔は全冊マインドマップにしていましたが今はほぼしてないです。マインドマップ自体は、超使いやすいので普段のノート術として使っています。)
・高速リーディング(高速リーディングは、小説や伝記などストーリーの書籍では使いますが時間がかかるのとスーパーリーディングとディッピングのところで得たい情報がほぼ得られるのでほぼ使わないです。)

 

 

この本を読んでみて公認インストラクターの方でも全てのステップをこなしているわけではないことを知り気軽に応用して活用出来るようになりました。特にマインドマップは100冊に1冊程度しか書いてないそうです。

すでにフォトリーダーの方にはオススメの一冊です。

あとは、速読やフォトリーディングに興味はあるけど習ったあとにどう活用出来るものかを先に知りたい方にも良いかもしれません

『ビジネスの効率が一気に加速する 仕事に活かす!フォトリーディング 主藤孝司』

まだフォトリーディング集中講座やホームスタディ講座を受けたことがない方は、そちらがオススメです。

フォオリーディングオフィシャルサイト

 

HIROAKI

-読書レビュー
-, , , ,

Copyright© ビジネス書大好き営業サラリーマン , 2021 All Rights Reserved.